自転車の資格・検定

自転車販売店の方を対象とした、筆記試験と実技試験に合格しなければならない自転車の資格・検定をご紹介します。

自転車技士

実施者
一般財団法人 日本車両検査協会
概 要
自転車技士は、自転車製造の最終工程で、通常自転車販売店等が行う組立、検査及び整備に係る技術を審査し、その合格者に付与されます。
受験資格
18才以上
自転車の組立、検査及び整備に関して2年以上の実務経験
試験内容
筆記試験
実技試験(自転車安全整備士と共通)
開催場所
全国(宮城、東京、愛知、大阪、広島、福岡等)
備 考
自転車安全整備士との同時受験が可能
URL
http://jvia.or.jp/g-index.html

自転車安全整備士

実施者
公益財団法人 日本交通管理技術協会
概 要
自転車の点検整備を行い、普通自転車には点検整備済TSマーク(保険付)を貼付し、安全で安心できる自転車を販売(提供)することができます。また、自転車の点検整備と安全利用の指導について、専門的な知識と技術で交通安全の推進に寄与できます。
受験資格
18才以上
自転車の点検及び整備並びに自転車の安全利用に関する指導に関し、2年以上の実務経験
試験内容
筆記試験
実技試験(自転車技士と共通)
面接試験
開催場所
全国(宮城、東京、愛知、大阪、広島、福岡等)
備 考
自転車技士試験との同時受験が可能
URL
http://www.tmt.or.jp/safety/

SBM検定

実施者
一般財団法人 自転車産業振興協会
概 要
自転車販売店に勤めている方を対象とし、筆記、実技試験ともに70点以上で合格です。持込修理を想定した難関試験です。合格者を『SBM認定メカニック』としてホームページに掲載します。
受験資格
自転車販売店に勤めている方(通常の受験者)
最後に受験した旧養成講座/SBM検定の日付けから5年1ヶ月以内の方(SBM検定再受験対象者)
一般財団法人自転車産業振興協会の認定校の生徒(認定校生徒)
*養成講座は第16回(2018年7月開催)で終了しました。
試験内容
ロードバイク、MTBのメンテナンスに関する筆記試験(100点)と実技試験(100点)。
開催場所
3ヵ所(東京、松本、大阪)
URL
https://www.sbm-mechanic.jp/

ページの上部に戻る